ハードディスク

取り戻してもらうために

データ復旧サービス業者を選ぶときに考えなければいけないのは、対応機器と普及率の高さです。それらは各業者によって異なるので、データが大切ならば、じっくりと比較したうえで確実性が高いところを選ぶようにしましょう。
PCオンリー私服操作

情報の安全性を高める

データ復旧をする場合には、準備としてカードが壊れているのかそれともソフトが壊れているのかを確認しておくべきです。あまり自分で修理をしようと思うと、余計に状態がひどくなってしまうため避けなければいけません。
女性

必要な情報が飛んだ場合

パソコンやスマートフォンなどに様々なデータが入っていますが、会社レベルでそのデータを喪失した場合は直ちに復旧させなければいけません。復旧させるには、安い杯で2万円ぐらいになりますが、10万円を超えることも少なくないでしょう。
パソコン修理

紛失に備えよう

ハードディスクやメモリーカードなどに保管したデジタルデータを紛失したときは、専門の業者が取り戻してくれるので連絡を取りましょう。出張サービスが用意されている業者なら、会社まできてくれるので、外に持ち出せない機器のデータ復旧も行ってもらえます。
ミニチュア

正常な状態に戻す

データ復旧は自分が仕事などで利用しているパソコンや周辺機器で読み込めなくなった時などに活用します。コストパフォーマンスに優れていますが、データ復旧に向けた見積もりなどをしっかりと事前に取ってもらうことが重要です。

問い合わせから始める

パソコン

内容を見極めて依頼する

自宅のパソコンの状態が悪く、保管していたデータが破損したり見えなくなってしまった時に復旧したいと考える人は多いです。データ復旧を提供する業者は全国各地で多いですが、仕組みや提供しているサービス内容をしっかりと把握しなければ想定外のコストがかかってしまうことがあります。事前に問い合わせを行い、本当に自分の希望する内容に沿っているかどうか、あらかじめ判断する必要があります。最初にデータ復旧を行っている業者へ問い合わせを行う時に、ホームページ内に設置している問い合わせフォームを利用したり、電話で実際に来てもらって復旧してもらうといった方法があるので、詳細を伝えながら方針を決めていくようにしましょう。また大半の業者では初期診断で料金を取ることはありませんので、無料かどうか事前にチェックしておきましょう。本格的にデータ復旧を行う際には、細かく料金体系を教えてくれるので、あらかじめ不安な部分を取り除いていくことが重要です。もしもパソコン本体やバックアップ取得を行ったメディアを、引き取って対応してくれるのであれば宅配便を活用することができます。メディアやパソコンを送ることでコストを抑えることができますが、もしも業者が近くに点在している時は持ち込んで対応してもらえるケースもあります。引き取ってもらった後で、本当に戻していくことができるかどうかの連絡をもらいながら、作業を業者では進めていくことになります。復旧可能なデータを検索していきながら、希望に合わせて作業を続けていきます。どうしても戻すことができないデータが存在する時には、基本的には料金はかかりません。その後データが正常に復旧された時に、宅配便で送っていればメディアもしくはパソコン本体が手元に返ってきます。